29歳男 某大手衣料品チェーンでも働いてみてかなり勉強になりました

 こんにちは。僕は29歳の男性です。自分の職業としては現在、自営業(フリーランス)をしております。

 そんな僕はこの間にもアパレルの記事を執筆させて頂きましたが、その時はとある紳士服ブランドで働いていた時の、エピソードを書かせて頂きました。

 今日はその紳士服ブランドを一旦休職をして、働いた某大手衣料品チェーン(カジュアル)でのエピソードを書いていきたいと思います。

 なぜ僕がその某大手衣料品チェーン(カジュアル)で働いたのか?というと、「紳士服(スーツ)も好きだけど、カジュアルな服も興味があるな!」という事で働きだしました。

 知人に某大手衣料品チェーン(カジュアル)で働いていた人がおりましたので、そのツテを頼りました。

 そして、もっともっと服に対して見分を広めたい!とも考えたのです。

 現実とのギャップとか働いて心境の変化はあったか?についてですが、ギャップはありました!(笑)

 やはり「紳士服を扱っている者」からすると「カジュアルな服は取り扱うには楽なんだろうな」や「少々ラフでいいんだろう」と思っておりました。

 ところが、カジュアルな服も、かなりデリケートであり、取り扱いに注意しなくてはいけないものがあったり、洗濯も「手洗いじゃないとだめ」という服もありました。

 これは僕にとっては、かなりのギャップとなりました。「カジュアルな服も紳士服同様に大切に扱わないといけない」という事を、身を持って感じましたし、本当に勉強になりました。

 この時の心情としては、「服というものはかなり奥が深い」と思いましたし、感じました。

 よってもっともっと「服について知りたく」なり、「勉強しよう!」と思うようになりました。

 自分の浅い知識が恥ずかしくなったのも事実です。(汗)

 後悔していることといえば、もっともっとカジュアルな服に触れてカジュアルなファッションを楽しみたかったです。

 しかしながらツテで働きだしたので、働ける期間が決まっており、カジュアルな服に触れる事が出来たのは限られた時間の中だけでした。

 最後になりますが、見ている人にアドバイスがあるならば、「本当に服が好きならば、とことん追求してこだわるべき」です。

  その「1つ」を極める事で、「何があっても揺るがないファッション」を確立する事が、とても大切だと思いました。

 それが自分のプライベートなファッションにも表れるし、メンタル面にも絶対に反映されます。

 これはプライベートにもビジネスにも役立つと思いますので、皆さんの頭の片隅にこの言葉が残ってくれたら幸いと思います。